物を持ったり握ったりすると手首が痛む、パソコンをしていると手の付け根が痛むといった症状に覚えはありませんか。外見には特別症状が出ていないのに痛むのなら、それは腱鞘炎かもしれません。腱鞘は手の筋肉と骨とを繋いでいる腱(けん)を包んでいる膜のような部分のことです。この部分に同じような動作で繰り返し負担がかかると炎症が起こり、腫れや痛みを起こしたものが腱鞘炎です。

腱鞘炎は赤ちゃんのだっこやレジ打ち、タイピングなどのデスクワークでも起こる身近な症状です。ピアニストや作家など手を酷使する人にとっては職業病ともいえます。また中年以降の女性の発生が多いことから女性ホルモンの減少との関連も指摘されています。腱鞘炎を予防するには手に違和感を感じた時点で休息を取って患部を休ませることが大切です。

患部が動かないようにテーピングをすることも有効です。また特定の姿勢によって同じところに負担がかかっていることもあるので、作業の姿勢を変えてみることも効果が期待できます。マッサージはかえって症状が悪化する場合もあるので安易にすることは控えましょう。痛みがある場合には患部を冷やしたり湿布を張ると痛みが和らぎます。

しかしこれは根本的な治療にはなりません。痛みが強く、物を掴むこともできなくなった場合には病院の整形外科での治療が必要になります。ほとんどのケースはステロイド注射で炎症を抑える治療で症状が治まりますが、炎症が何度も繰り返す場合は腱を取り除く手術が必要です。他にも腱鞘炎の処置を得意とする整体院もありますので、症状に応じて受診してみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です