皮膚科は総合病院や個人病院、クリニックで標榜されています。美容皮膚科とは多少ニュアンスが異なり、皮膚科は皮膚疾患を治療することだけを目的としており、美容皮膚科は皮膚疾患だけでなく、どちらかというと見た目にも配慮して治療や処置を行います。一般的な皮膚科ではあまりありませんが、中には保険のきかない治療や処置もありますので、不安が少しでもある場合は、その都度確認した方が良いです。初診の場合は、他の科と同様に問診から始まります。

自分の症状を細かく記載することによって、診察をよりスムーズに行えるようにします。診察では、医師による症状の観察と、いつからか、どのような症状があるかなど、より詳細な聞き取りの後、原因を探ったり適切な処置、医薬品の処方が行われます。基本的なルールとしては、受診の際はノーメイクが鉄則であり、メイクをしていると怒る医師もいます。スキンケア化粧品について詳しく聞きたい場合は、男性医師よりも女性医師がおすすめです。

実際にスキンケア化粧品を使っている女性医師に聞く方が、医学的見解と実体験に基づいたアドバイスが得られるからです。多くの場合、一度で診察が終了することはほとんどなく、数週間、症状によっては数ヶ月の通院が必要なことが多いです。処方される医薬品については、ドラッグストアなどで手に入る市販薬よりも、はるかに広い範囲の医薬品を処方してもらえますので、皮膚疾患の完治も早くなるといえます。皮膚疾患が出た場合は、早めに受診することをおすすめします。

AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です