風邪をひいたら、病院は何科を受診するべきか迷うものです。体調の不調は、とりあえずは内科というイメージがありますが、耳鼻科かも知れないと頭をよぎりやすいものです。ひきはじめの風邪であるならば、病院まで行かなくても、早く治すためにはビタミンCなどを摂取して、安静にして体をやすめるのが、本当は一番効果的です。風邪のウイルスを攻撃してやっつける薬はなく、医療機関で処方されるのは、症状をおさえるための医薬品である耐えです。

ですがこじらせてしまってはいけないので、風邪の症状もツライレベルであれば病院へかかることも考えるべきでしょう。風邪で熱が上がり、喉の痛くて鼻水もひどくて、既に仕事も勉強も手につかないのであれば、近くの病院を受診してみましょう。どの程度かはわからないので、個人病院の内科などでいいでしょう。大学病院や総合病院という大きな規模になると、待ち時間も長くなるので、風邪をひいていると、その待ち時間も辛いかもしれません。

いずれにせよ、出かけて行きやすい病院を選ぶことです。風であれば、内科や耳鼻科で診てもらうことができます。鼻水や耳への不快感が強いようならば耳鼻科のほうがいいかもしれません。耳鼻科は本格的な、鼻や耳の検査もできるからですが、その分の検査費用も発生しますから、診療費用のことも考えておくほうがいいです。

全体的な風の不調なら、普通の内科での受信の方がスマートな対応が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です