AEDはリースを行うことができるため、オフィスビルや各種施設、部活動あるいはイベント等で準備したい場合にわざわざ購入しなくても済みます。メリットは購入するよりもお得な価格で最新機器を借りられる点、定期的に点検を受けて、利用可能な状態を維持できる点などがあります。使ってない状態で保管していても誤作動や故障に至ることがあるため、点検を日ごろから受けることは大切です。AEDのリース代に点検費用も含まれている契約だと、よりリーズナブルに装置を導入できるでしょう。

イベントで使う場合には短期間AEDをリースする方法で十分ですが、ずっと備えておきたい場合には長期契約ができるところを探す必要があります。長期契約といっても5年程度で更新が必要になるため、満了日が近づいて来たら早めに更新手続きを済ませておかないと、いざという時に装置が整ってない可能性が出てきます。使わない場合でも消耗品の交換が発生しますので、短期契約よりも長期契約のほうが多少高額です。実際に使用する際に音声案内だけでなく、画像でも取り付け方を説明するタイプのAEDをリースすると費用が少しだけかかるようになるため、導入するタイプについてもじっくりと検討する必要性があります。

設置と合わせて講習会を開きたい場合も、練習用AEDタイプをリースしておけば定期的に練習を行えて便利です。練習用も消耗品があるから、長期契約をする場合には消耗品の値段も確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です