AEDは誰もが説明書の手順通りに行うことで心室細動を起こした人に対して正常な心臓の動きにするための機器で、現代では公共施設や大規模施設などで設置されている医療機器です。心室細動が起こった場合には心臓の動きが正常ではなく血液の送り出しが行われない状態となり、一刻も早く正常な状態に戻さなければ重大な後遺症が残ったり最悪の場合には死に至ってしまいます。振動マッサージによって回復することもありますが効果的なのは電気ショックを与えることで、AEDは電極を患者に貼ることで自動的に心電図を解析し、状況に応じて電気ショックを与えて正常な状態に戻すというものです。実際にAEDを使用して命を取り留めた人は多くいますが、その一方でこの医療機器を導入する場合には高額な費用を支払うことになります。

AEDを導入するケースとして多いのはレンタルとリースです。レンタルは文字通り物を借りてくるものですから仕組みとしては単純なもので月々の料金を支払うだけですみます。一方でリースはリース会社が代わりに購入して貸し付けるというものですから、導入する際には審査を受ける必要があるなど導入のハードルがやや高いものです。しかしトータルの経費から見てみればレンタルよりもリースの方が安くなる傾向にあり、長期的に設置したいと言うのであればメリットがある方法といえます。

またAEDは正常に作動することが求められ、メンテナンスも必要不可欠ですがリースであればメンテナンス費用を含んでいるところもあるので、その点でもメリットがあるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です