ショッピングモールや銀行や学校や駅構内などでよく見かけるAEDは、今やもうすっかりお馴染みでしょう。うちの会社は高齢者の社員やパートさんも多いから、社内に1台AEDを置いておきたいけど、どれくらいの価格なのだろうかと思っている人も少なくないことと思います。AEDを購入した場合のおよその目安となる価格を紹介しましょう。5年間に要するトータル費用で見ていくと、某メーカーの場合、本体セットがおよそ29万円、2年用小容量バッテリーの交換代金が1万8、000円、電極パットの交換代金が1万2、000円で、5年間に要するトータル費用は約32万円です。

もう一社の5年間のトータルコストを見てみましょう。購入価格が本体セットがおよそ18万円、5年間の消耗品代がバッテリーが約3万円で電極パットが約1万円、5年間のトータル費用はおよそ21万6、000円と言った感じです。5年間で21万円から32万円くらいを見ておけば良いでしょう。では、レンタルの場合はどれくらいの費用となるのでしょうか。

某社の場合、本体価格が31万8、000円で月々5、300円、保証金が2万円で5年間のトータルコストは33万8、000円となっています。もう1社、レンタルでの5年間に要するコストを見てみると、本体価格が33万6、000円で、レンタル料は月々5、600円です。それ以外の費用は掛かりませんが、5年間のトータルコストは33万6、000円となります。5年以上AEDを置いておくのであれば、購入するほうがレンタルよりも割安という事が分かります。

購入する際は、およそ22万円から32万円程度が目安となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です