AEDの場合、ファイナンスコースやメンテナンスコースなどがあり、消耗品代になる電極パッドやバッテリーなども含んでいます。いろいろなメリットがあり、例えば初期費用が安いです。一括購入する際にかかる大きな初期費用を払わなくて済み、費用が予算化しやすいです。保証期間をベースにすることが多く、5年間が基本的な期間です。

動産保険がつくことになり、補償範囲は多岐にわたります。例えば盗難や火災、破損や破裂などに対応することが可能です。落雷や車の飛び込み、水濡れや輸送用具の転覆なども含まれます。保証は購入してから保証期間中に不具合が起きたり、購入者の有責ではないなら無償で交換・修理しますという内容です。

動産保険に加入すると手厚いものになり、動産保険の補償範囲などは業者の契約によって異なります。固定資産税は業者が負担することが多く、追加費用がかからないことがあげられます。消耗品代をリース料金に含んでいることが多いので、追加費用がかからないメリットがあります。リース契約内容によって、定期的に必要となる消耗品は含まれるが、もし使った場合にかかるパッドの交換費用は別料金などというケースもあるので事前に内容を確認しましょう。

AEDリースを行う場合、ゆくゆくかかるだろう消耗品代を前払いすることによって、コストを減しながら管理を楽にする独自サービスで補えるところもあります。AEDを設置している施設は増えているので、リースを活用するとコストを抑えながら維持することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です