AEDは自動体外式除細動器と呼ばれるもので、心停止に陥った際に電気ショックを与えて救命する医療機器のことをいいます。公共施設などに設置されることが多くありましたが、商業施設などにも設置される場所は段々と増えています。自動的に心電図を解析し、電気ショックが必要かどうかを機器が判断してくれます。そのため医療従事者ではなくても使用することができます。

AEDの設置を検討している人も多いと思いますが、購入する場合とリースを利用する場合の2種類があります。購入する場合の価格は、大体30万円程度必要になります。リースの場合には、毎月一定の金額を支払う仕組みになっています。どちらを選ぶべきか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

リースを利用するメリットには、保守サービスが含まれることが挙げられます。AEDを自分で購入すると、メンテナンスや点検も自分で行わなければなりません。それが負担に感じることも多いようです。AEDには、定期的に交換が必要な消耗品もあります。

有効期限のことをつい忘れてしまうことも多いですが、リースであれば有効期限がくる前に対応してもらうことができます。せっかく設置されていても有効期限切れで使えないということになれば、非常に残念な事態になってしまいます。AEDは急に必要になるものなので、普段からきちんとメンテナンスはしておきたいものです。保守サービスが含まれるリースがお得と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です