AEDはリースがいいのか、購入がいいのかと考える企業担当者は少なくありませんが、それ以外にもレンタルという方法もあります。レンタルの場合、短期間だけ借りることが可能となる為、自社で短期間にイベントを開催する場合に役立つのがメリットです。AEDを取り扱っている企業だけではなく、複数の企業が取り扱っている為、導入前に慎重に判断することが望ましいといわれています。どれくらいの期間レンタルやリースが可能なのか、また、自社で必要となるのはどれくらいの期間かなどを把握し、利用することが望ましいでしょう。

利用前に必ず企業に見積もりをもらって、導入するかどうかを把握することが必要となります。レンタルとリース、それぞれサービス内容を変えている企業も多いです。サービス内容と料金を把握して導入されることが多いといわれている為、参考にしてから導入を決めてください。特に導入前に万が一の故障による補修の請求先や、メンテナンスなどを含めて料金プランがなされているかどうかが、導入のきっかけとなる可能性は高いです。

定期的なメンテナンス、機種が古くなってから新しい機種に交換可能かなども調べておくと、安心してレンタルやリースしやすいといわれている為、参考にすると納得できる形で安全できます。もちろんAEDは高価ですが、リースとレンタル、どちらにせよ来客や自社社員の安全を守ることができる貴重な機械です。検討するためにはなるべく早く導入したほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です