AEDは自動体外式除細動器の事で、医療従事者でなくも簡単に使える除細動器の事です。心肺停止の状態になる事は若い人でも年配の人でもありますし、特別に疾患がある人でなくても突然心停止する可能性があります。もしそうなった場合はすぐに救急車を呼んで、医療機関にかかる事は重要です。しかし心停止に陥ってから1分経過するごとに7%から10%ほど生存確率が低下していき、10分を超えた時には生存確率は0に近づきます。

これを考えると救急車の到着を待たずに、蘇生を試みる事は非常に重要です。特に後遺症が残る可能性は生存確率以上にシビアになってくるので、1秒でも早い蘇生が大事です。除細動器は本来は医師でないと使えない物ですが、AEDに関しては素人でも扱えるように設計されています。そのためガイダンスに従って、捜査していけば特別なスキルのある人でなくも扱えます。

除細動器を使う必要がない人に使ってしまうと逆効果ですが、AEDは蘇生を試みてくれるだけでなく必要があるかも自動で判断してくれるので、安心して使用する事ができます。設置する時は必ずしも購入しないといけないわけではなく、リースで導入する選択肢もあります。リースをしている業者は複数あるので、いくつかの業者を比較して利用する業者を選ぶと良いです。製品にも少しずつ機能面で違いがあるので、リースの価格なども考慮しつつ必要な機能を備えているAEDをリースすると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です