AEDは、AutomatedExternalDefibrillatorを略したもので、日本語では「自動体外式除細動器」と呼ばれています。電源を入れると音声が流れて操作手順が案内されますので、それに従ってパッドを直接胸の上に貼れば、心電図解析が自動的におこなわれ心臓の状態を知ることができます。その結果、心室細動を起こしているなら、強い電流で電気ショックをかけて正常の働きに戻します。使い方はシンプルでそれほど難しくないため、一般の人でもAEDを使用して人の命を救うことができるわけです。

そんなAEDですが、最近はイベントや旅行などに備えて、期間限定でリースしたいという人も増えています。身近なところで設置されているのを目にすることが増えたことや、初期コストが少なくて済むという点でニーズが高まっているようです。現在リースサービスをおこなっている企業も増えていますので、料金プランや条件などを比較して、自分に合った先を選ぶと良いでしょう。各社の契約プランから一例を見てみると、1日からでも借りることが可能なところもあり、市民マラソンの当日や音楽会などで利用するユーザーなどから需要が多いようです。

それより期間が長い契約だと、スキー場が季節限定で、また、学校・遊園地・公共交通機関などが年間契約で利用するケースも多いです。何よりも、初期コストがかからないのがメリットであり、それがネックになって導入をためらっていたというユーザーにとっては、リースはニーズにぴったりの契約形態になっているようです。また、多くのリース企業では導入から管理まで一貫したサービスを提供している場合が多く、メンテナンスなどの点でも心配せず導入できるという点も人気の理由でしょう。AEDのリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です