内科を受診する病気は様々なものが対象になります。外科や脳神経外科、皮膚科などいろいろありますが一番受診するのが多いのが、内科ではないでしょうか。その患者さんには、なんだか体調が悪い、むかむかする、お腹が痛いなど通常よく見られるような症状を訴えて受診する人がいます。またそこで見られる診断名には糖尿病や胃腸炎、風邪など、なじみのある病名が多いです。

しかし一般的だとそうですが、実はとても奥が深い診療科なのです。大きな総合病院などに行くと、内科といっても、循環器や消化器、そして呼吸器など細かく診療科が分かれているところもあります。そしてそれぞれの専門の医師が診察をすることが多いです。しかし、地方で医師が足りないようなところに行くと、診療所に医師がたったひとりという場合も少なくないのです。

そして募集されるのは内科の医師が多いのですね。そのようなところでは、いろいろな病気や症状を総合的に見ることができる内科医師を採用して、患者さんを診察する。もし外科などの病気の可能性があればそこから紹介をするということも多いのです。総合病院でも同様です。

はじめに受診をしたけれど、レントゲンや詳しい検査をした結果、別の病気が見つかり、外科を紹介になる、他科を紹介されるということは少なくないのです。そのために。病院の中でも一般的で、私たちにはなじみの多い科ではあるけれど、実は医師にとっては奥が深い科だといえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です