突然の心停止は、不整脈の一種である心室細動が原因だとされています。心臓の筋肉が痙攣したような状態になって、うまく心臓が働かないことで、全身に血液が送れなって死にいたってしまうのです。このような状態になったときには、早く心室細動を取り除く必要があります。取り除くためには電気ショックが必要ですが、そのための道具がAEDです。

早急な対処が必要な場合、AEDの使用によって救命できるケースもあります。そのため、いつどこで心室細動がわからないため、会社にAEDがあることで対処できるようになります。厚生労働省でも学校や図書館などの公共施設のほか、商業施設や会社、作業所、マンションなどの設置が推奨されています。会社内は特に従業員の命を救うのに役立つだけではなく、施設としての価値の向上というメリットもあります。

AEDは、誰でも使用することが可能です。音声ガイドに従うことで操作することができて一般人にも使えるため、会社においておくだけで安全管理が向上します。社会的責任も果たしたことになり、社会的価値も向上することができます。会社で取り入れる場合には、長期使用によってトータル費用の抑えることのできる購入、長期契約で常設で備えることのできるレンタル、月額支払い契約によって初期費用やランニングコストの抑えられるリースなどが選べます。

また、使い方が不安という場合には、販売・レンラルを行っている企業が講習を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です