AEDを購入する場合のメリットは総合的にコストがレンタルと比べると安いことで、機種も自由に目的にあわせて好きなものが選べます、最初の費用は高額ですが分割払いなどを利用することで負担を減らせますし買う場合の相場は15万円から30万円が目安です。ただ、維持費や管理方法に注意でメンテナンスはレンタルなどと異なり全て管理しないといけません。価格をなるべく安く抑えて、使う期間も長期間にわたる場合に向いていて保険加入も自由なのも魅力で、法人でAEDを購入すると税金が減価償却に当てられるのも特徴です。レンタルだと所有者はレンタル先の会社で、レンタル会社がメンテナンスや保守を行いますがその費用がかかります。

買うと保守・点検・廃棄などはすべて自分で行うことになり総合的に費用を抑えられます。消耗品などの交換が自己負担になるのがAEDを購入ですが、一度買うと継続的なレンタルと比べて長く使い続けるほど総合的にかかる費用にかなり差が出てきます。費用を抑えるなら継続してレンタルを利用するより、買った方がランニングコストもカット出来て安くなります。基本的に長期間使って安くしたい時に向いていて、保険加入も自由で法人なら税金面で減価償却費に充てられるのがメリットです。

買うとなると一括払いで費用を支払ったりと一度にかかる費用を考えないとならず、消耗品も交換するたびに費用が発生します。使う頻度が多いなら消耗品の摩耗スピードも考えないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です