かつてはAEDの購入すると100万円ぐらいかかり高額だったので、買うことは難しかったですが普及しはじめてからは金額も下がってきてます。導入する場合でも最も気になる部分ですが、メーカーや機種で違いはありますが最近では30万円以下の品も増えていて中には70万円ぐらいするものもあります。AEDは購入する以外にもレンタルもあり、期間で金額が違っていて1日だけだと月額7、000円程度で5年間なら毎月5、000円~6、500円ぐらいと短期よりも安いです。常備したいが、短期間だけかそれとも長期間になるかなど目的によって買取かレンタルかを選ぶのがコツです。

中には利率を含まない金額で価格表記をしている販売店もあり、実際の価格と料金を事前にしっかりと確認したほうがいいです。AEDの購入は本体以外に心電図測定用パッドとバッテリーの消耗品の費用もかかり、メンテナンスのときに交換します。パッドは小児用と大人用、使い捨てで使わなくても使用期限があるため定期的な交換が欠かせず2年に1回交換することが殆どです。バッテリーは1年半から5年ぐらい持ちますが、一般的に2年に1回交換することが多いです。

これ以外にも使い方を学習するための講習費がかかることもあり、電極パッドは1組2万円前後から、バッテリーは3万円前後~4万円ほどです。今では公営施設・駅・学校など多くの人が集まるところへ設置されていて、自治体により設置するときに補助金が交付されることもあり、条件を満たさないと駄目ですが申請が通ると補助金を受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です