万一に備えてAEDを購入するときに気になるのが価格ですが、本体だけで約20~40万円かかり、さらに消耗品の電極パッドとバッテリーも必要となります。これらはメーカーや機種、使用期限で金額も違い5年間だと約5万円から6万円かかり初期費用も高額なので導入するときには負担が大きいです。レンタルをした場合のAEDの価格ですが、これも品や期間で料金形態が違いレンタル業界全体だと月額で約5、000~6、000円が相場です。初期費用がかかってもランニングコストを抑えるなら購入、長期的に見てみて買うよりもコストはかかっても初期費用は抑えたいならレンタルを選ぶのがコツです。

レンタルは短期と長期があり、何かのイベントなどで1日や1週間だけ利用したい時、まずは1年間だけ試して使いたいなど単発や短期利用ならレンタルがおすすめです。長期利用だと商品のコストだけを見ると買った方がよいかもしれませんが、管理コストも一緒に考えると違ってきます。AEDは価格だけでなく管理も重要で、予算・本体と消耗品・日常点検がポイントで買い取ると耐用年数があるので経理担当者が本体の減価償却期間を意識し予算管理をしないとなりません。本体がいつでも使える状態かや、異常がなく耐用年数が過ぎてないかや消耗品の交換がいるかなど普段の点検も必須です。

レンタルだと、減価償却は不要でレンタル費だけで計上出来るので予算管理もしやすく、定期的な日常点検も業者へ委託出来るので手間が減らせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です