AEDの入手方法は一つではありません。購入するとなると本体価格は20万円以上もするため、簡単に導入できるわけではありません。まず考えなければいけないのは、購入方法と言うことになります。本体を購入する場合とリースやレンタルを活用するなどが考えられます。

それぞれにメリットがあるので、一概にどれが良いと言うわけではありませんが、支払いをどうしたいかが検討のポイントとなります。AEDの価格で最もコストパフォーマンスが高いのが購入です。確かに初期投資は高くなりますが、使用期間が長くなるとかなり安くなります。7年以上使えば月々2、500円になることもあり、トータルで考えるとかなりお得です。

ただし導入コストが高いことは大きな問題であることは事実です。すぐにでもAEDを導入したいと考えている企業については、リースやレンタルを選んだ方が価格と抑えることが可能です。リースは手数料がかかりますが、契約満了後に買い取ることができるので、購入と条件が変わりません。契約中の消耗品の交換は、含まれているので、安心です。

レンタルは、いつまで使用しても自社のものにはなりませんが、短期間であればかなり安く利用可能なります。とにかくすぐに使いたい時などは、とても便利です。一時的なイベントにも利用可能なので、条件が当てはまればかなりお得と言えます。どのような運用をするかを明確に決めてから、どの方法で入手するかを検討しましょう。

AEDの価格のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です